梅ノ橋
こんばんは。

到着後、すぐさま耳アカをほじりまくる男、三原です。


今日は、野暮用ついでに、東山、浅野川辺りに行って来ました。

小雨舞い散る、梅ノ橋を渡ったぜロッケイィン!!!





懐かしく、いい気持ちになった〜(*^▽^*)
| - | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
特盛
こんばんは。

ギターの音が、大きすぎた男、三原です。


季節の変わり目。5月はなぜか、頭がボ〜ッとしますね。


そんな時はやはり、吉野家の牛丼を食べるに限ります!!



牛丼特盛を食べまくって、五月病を吹き飛ばそうぜロッケイィン!!!
| - | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
担々麺
こんばんは。

昼食後、陽光の中での運転は、なかなか危険なものだなと感じまくった男、三原です。


先日の野球観戦後、松任アピタ内の双喜亭で、昼食をとりました。

☆稜の勝利を祝し、担々麺大盛りを注文!!



辛さが身に染みて、美味しかったぜロッケイィン!!!
| - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
春、2年ぶりの優勝
こんばんは。

脱いだ服をそこら中に散らかしまくる男、三原です。


春の高校野球石川大会は、今日決勝戦が行われ、
☆稜が日本航空石川を4ー0で破り、2年ぶりの優勝を果たしました!!


今日も石川県立球場へ、観戦しに行ってきましたが、
予想外の(?)快勝で、大興奮してしまいました((o(^∇^)o))




☆稜は2回裏、バントヒットの東海林が盗塁を決めると、
9番山本が左前へタイムリーを放ち、先制。

6回裏は、二死一二塁から、8番山瀬が左越え二塁打で2点。

さらにまたも山本が左前へタイムリーで、この回3点。


先発投手のエース奥川は、被安打4、奪三振12で強打の日本航空石川打線を完封し、
4ー0での勝利となりました!


この日の奥川投手は、いつもより制球重視で、低めを意識して投げていたように思います。
ストレートの最速は、確か143キロ。

変化率の割合が、多かったようにも、感じました。


山瀬捕手のリードも冴え、昨年までの県大会、北信越大会とともに打ち崩された航空打線を、全く寄せ付けない快投。

ちょっと驚きました!!


しかし奥川投手は、短い回を投げた準々決勝、準決勝はともに失点。

それらは調整と踏んでの登板だったならいいのですが、好不調の波があるようでは、厳しいですね。

おそらく大丈夫だと思いますが!(^o^)


打線は8安打。
今大会背番号1の本格派右腕・大橋投手から、いい当たりをよく打っていたと思います。

1年生3番の内山は、この日も三塁線を破る二塁打を打ちましたし、

河井も鋭い打球を飛ばしてましたし、南保もあわやフェンス越えという大きな当たりを打ってました。

打撃も良い奥川の中越二塁打も良かったですし、
東海林の俊足を生かしたヒット、山瀬のここ一番の打撃も見事でした。

そして山本選手は、打撃もシュアで足も早く、
二塁の守備も安定した、非常にいい内野手ですね〜♪


今大会通してみて、打線全体にそこまで迫力は感じないのですが、
どこが相手でも、勝負所では快打を放ち、しっかり得点を重ねるという、

得点力の高さ、巧さを感じました!!


センバツ8強同士の決勝戦を勝ち、優勝出来たのは大きいと思いますが、

航空は今大会、左のエース杉本投手は、ベンチ入りしてません。

今日投げた大橋投手も、昨夏の甲子園では、140キロ台中盤の速球を投げ込んでいたので、
今日がベストの出来とは思えませんし、

元々全国レベルにある打線も、目の色を変えて夏は仕上げてくるでしょうから、
今度は今日のようには、行かないでしょう。


両校の本当の勝負、決着は、やはり夏という事になりそうです!

願わくば、北信越大会でもう一度対戦して、
本気のぶつかり合いを再度しておいてほしいところです。


センバツベスト8で、春の石川優勝。

楽しみな1年生も多く入ってきたようで、

☆稜の活躍がまだまだ見れそうで、本当に嬉しいです(*^.^*)


次は、地元石川開催の春の北信越大会。

楽しみでしょうがないぜロッケイィン!!!


| - | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
春、決勝へ
こんばんは。

助手席が閉まるとほぼ同時に、車を発進させまくった男、三原です。


今日は、春の高校野球石川大会準決勝を、観戦してきました!!




☆稜は、金沢学院を9ー4で下して決勝へ進出しました!!

一回裏、南保の中越三塁打で2点を先制した☆稜ですが、

二回表、先発竹谷が、7番渕上に右ポール際に2ランを打たれ、同点に。

三回裏、☆稜はまたも南保が右前に2点タイムリー。
さらに東海林の犠牲フライで3点を勝ち越し。

四回表、失策で1点を献上しますが、

その裏内山のタイムリーなどで2点追加。

八回は、左腕・寺沢が登板し、満塁とされるも無失点。

その裏に、適失などでさらに2点を追加。

九回は、エース奥川がマウンドへ。

犠牲フライで1点を失い、ピリッとしない感じではありましたが、
ストレートは最速144キロをマークしていました。


打線は相手ミスに助けられた感じもありましたが、
8安打9得点得点とムダのない攻め。

各打者の振りも、シャープでした!!


投手陣は、まだ全体的に安定感に欠ける感じですが、
今後しっかり調整し直す事と思います!


相手の金沢学院も、自滅した感はありまさしたが、
中心打者のスイングは力強く、打線は強力な印象を受けました。


さぁ、明日は日本航空石川との、決勝戦です。

センバツは共にベスト8。

昨秋公式戦で2度対戦して、1勝1敗。


地に足を着けたプレーで、良い試合を期待してるぜロッケイィン!!!



↑一回裏☆稜、南保が中越に二塁打し、先制!!
| - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |